がん保険の大きな特徴は、診断給付金、長期入院・繰り返し入院でも安心な入院給付金があります。

時代に合わせたがん保険の選択を

2人に1人はがんで死亡するといわれますが、高齢化に伴って誰でもかかる可能性が高くなってきたのが、がんですね。そのため、がん保険に対する注目度も上がっています。

かつては、がんと言えば手術と長期入院、保険はこれらに備えるという考え方が一般的でした。近年は、治療の選択肢も増えてきて、入院より通院で治療というケースが多くなり、がん保険も、がんと診断されたときに支払われる診断給付金や、通院日数に応じて支払われる通院給付金が主体となってきています。

診断給付金は、入院、通院、その他がんになった時のあらゆる諸費用に対して使えるのが利点です。がんに限らず、健康保険の高額医療費に対する払い戻しがあるので、標準的な治療に対しては、年間最大100万円程度の医療費がかかると見込まれます。その費用を補てんし、かつその他の諸費用をまかなう程度の額は、保険で補償されるように準備するのが妥当だと思われます。

誰でもがんになりますが、がんになる確率が高くなるのは50代以降です。ただし、若いうちに保険に加入すると保険料が安く、高齢になった時のメリットが大きくなります。

長期的な視点で、がん保険に加入する時期や、負担する額と必要な補償のバランスを考えておくのがいいでしょう。もちろん医療の変化や家計の状況などに応じて、定期的な見直しも必要です。