がん保険の大きな特徴は、診断給付金、長期入院・繰り返し入院でも安心な入院給付金があります。

がん保険を選ぶ時のポイントとは

がん保険は一般的にがんと診断された場合とがんによる治療を受けた時に給付金を受け取る事ができるのが特徴で、名前の通りがんという疾患に対して特化している保険です。がん保険を選択する時にまず考えたいのは月額の保険料と保障内容に関してを考えるのが最初のポイントです。

契約形態が終身型と更新型の2つのタイプがあり、終身型の特徴は一般的に月額の保険料が一定になっている事が多く、更新型は年齢や更新のタイミングによって月額の保険料が変わるのが特徴になります。つまりある程度安定した仕事についていて、月額が一定でも問題なければ終身型を選択する事が基本になりますし、とにかく今は少しでも月額の保険料を安く抑えたいというのであれば更新型の方が月額の保険料は安くなるケースが多いのでそちらを選択する事になります。

保障内容ですが、これに関しては当然多いほうが理想的になりますが、色々な給付金の保障があってもその内容を理解していないと対象になっていなくて給付金が出ないというケースも考えられるので解らない事は保険担当者にきちんと聞くべきです。

がん保険を選ぶ時に注意をしておきたいポイントをいくつか説明します。
がんと診断された時に一時金が給付されるか?通常はこの一時金の存在がより確実に給付されるものでこの金額や内容で保険料の額も高めになりやすい項目です。
特約の内容で治療内容をどこまで保障してもらえるのか?特約を付ける事で保障内容は良くなりますが、当然保険料も高くなります。より自分に欲しい保障内容が特約にあるかどうかを確認する事が大切です。
収入保障として充分な内容か?がんの治療にはお金も時間もかかりますのでその間の収入減に対する保障として対応できるかどうかを確認します。

がん保険の保障期間はどれくらいなのか?がん治療の特徴として期間が長くなるかどうかも考えなくてはなりませんが、再発の危険性のある疾患である以上は再発時に対しての保障内容はどのようになっているのかを確認する必要があります。一時金の給付や入院日数などに対しての保障や通院治療なども選択する要素になります。
これらの内容をふまえた上で自分の理想の保障内容や月額保険料のがん保険がある保険会社と契約をするのも選択のポイントになります。